So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年06月| 2018年07月 |- ブログトップ

松原伸一郎陶蛙展ー最終日 [アート]

IMG_3281.jpeg

本日「松原伸一郎陶蛙展」は最終日です。(午後5時まで)
蛙が大好きな松原さん。これからもずっと蛙を作り続けていくことと思います。蛙を通してどんな世界を見せてくださるのかとても楽しみです。

ギャラリースペースプリズムは明日から少し早めの夏休みをいただき研修旅行に出かけます。
東北の美術館を巡る予定ですが記録的な大雨をもたらしている雨雲とともにの北上なのでどれほどの成果が得られますことやら。

次回は7月19日(木)から夏のビッグイベント「小さな絵の展覧会」です。是非お楽しみに。

共通テーマ:アート

見守る蛙ー松原伸一郎陶蛙展 [アート]

IMG_3278.jpeg

ピースマークの上からの覗き込む蛙。
「平和に暮らしているかな」と見守る蛙なんだそうです。

毎日松原蛙と暮らしていると、松原伸一郎さんはこの蛙たちそのものなんだと思うようになりました。

人々の平和を願い、哀しい思いの中にいる人に寄り添い、時にお茶目で、遠い宇宙や時間の流れに少年のように心ときめかせる。

そう言えば松原さんって蛙に似ているかもしれない。
あれ?前回の水野加奈子さんも誰かに「蛙に似て来たね」って言われてたな。

蛙、いつの間にか心の中に棲みついてしまうのかも・・・、やばい!

共通テーマ:アート

蛙と生けるのは・・・ー松原伸一郎陶蛙展 [アート]

IMG_3236.jpeg

手の中に入りそうな小さな花器です。

蛙と一緒に生けたいお花は何でしょうか。
紫陽花・・・は、王道。
露草もいいね。
今からなら、朝顔もね。

手のひらサイズですから、あまり大きくない方がいい。
蛙と一緒だからあまり華やかな色は、花が勝ってしまうね。

使い手のセンスと松原伸一郎さんのセンスが仲良くするのはとっても素敵。

松原さんの在廊日時をお知らせいたします。
 7/5(木)   15:00-18:00(本日の在廊時間が変更になりました)
6(金)   15:00-18:00
7(土)   12:00-17:00
*本展はイレギュラーな日程です。最終日は7月7日土曜日です。

共通テーマ:アート

「知」シリーズー松原伸一郎陶蛙展 [アート]

IMG_3234.jpeg

松原伸一郎さんの作陶歴は案外長い。25年くらいのなるかもしれないそうだ。

25年くらい前から松原さんがいるフォトグラファーの世界もデジタル化がどんどん進んでいます。
世の中もやはり同じで、ペーパーレスも進んでいる。本もデジタル化されタブレットやスマホで読む人が年々増えています。「知」の部分はパソコンやスマホの中にあり、形すら無くなりつつある。それは便利にはなっていてもなんだか寂しい状況でもあります。そんな気持を形に表したのが「知」シリーズです。
辞書、小説、ノートの少なくなりました。将棋やチェスなどのゲームもデジタルでできるようになりました。だからの作品です。

この展覧会も今日を含めてあと4日です。
松原さんの在廊日時をお知らせいたします。
 7/4(水)   15:00-19:00
5(木)   15:00-19:00
6(金)   15:00-18:00
7(土)   12:00-17:00
*本展はイレギュラーな日程です。最終日は7月7日土曜日です。

共通テーマ:アート

ウチュウニカエルー松原伸一郎陶蛙展 [アート]

IMG_3229.jpeg

「宇宙に蛙がいたら・・・」と制作したのがこの「宇宙シリーズ」です。

星にはクレーターがあり、そこには涼しい顔した蛙がいる。
宇宙なんていうことを知らなくても、意識しなくても、宇宙が当たり前に存在しているように、松原伸一郎さんの星には当たり前に蛙がいる。

宇宙、人間にとっても蛙にとっても日々の中では思い存在ではないんですよね。

ところで、私は作品の制作過程やその苦労は見る側にとって「ふーん!」っていう程度でいいと思っています。表現したい形にするのは表現者にとって大前提だからです。大変であろうが大変でなかろうが作品が見る側に説得力がなければどれほどの意味も持たないと思うのです。もちろんギャラリストとして作家の苦労は労いたいしそこに作家としての愛しさを感じずにはいられないのだけれど・・・。
そういう私の個人的な思いを置いても、この星の制作過程を伝えたくなります。

もちろんこれも陶でできています。
轆轤を挽いて作っていくそうです。轆轤だから下から形を立ち上げて、最後は口が開いた状態になるのですが、それでは球体にならないので、上の開いていた部分を閉じます。そこからがなかなかドラマチックです。その段階では柔らかい粘土状なので乾かします。普通のお茶碗などは、台において乾くの待ちますが、球体なので置くと形が歪んできます。松原さんはまん丸にしたいのだから歪んでは困ります。それで手に持って転がします、乾くまでずっと。さすがに自然の温度では時間がかかりすぎるのでバーナーの上で乾かすそうですが、2時間くらいはずっと手の中だそうです。

さっきも書いたように、制作過程の苦労を知っていただきたいのではありません。
実は、その過程を何とも楽しそうに話されるのです。
どんなに時間がかかっても大変でもその時間が彼にとって愛おしい時間だったことがよく解るのです。

松原さんの本業はフォトグラファー。だから「日曜陶芸家」とおっしゃいます。
「日曜陶芸家」には素人ですから好きなだけです。と捉えないでください。
本職ではないから、どこまでも自分が納得できるまで追求することができます。
作りたいものを作る。時間もクウォリティも誰にも制限されない。全部自分が決められる。
それを追求することは究極のもの作りになるのではないでしょうか。
真剣に「遊ぶ」とそこにはとんでもないものができる。

明日(7月3日)は定休日ですが、あと会期は4日間。
とでもない蛙を観てください。

共通テーマ:アート

聖杯ー松原伸一郎陶蛙展 [アート]

IMG_3226.jpeg

最後の晩餐で使われた聖杯を見た人は今この地球上に、おそらく・・・いない。
聖杯伝説はいくつかあるけれど、確たる証拠は残念ながら・・・ありません。

ある意味人々の心を掴んで離さない壮大なロマンがそこには確実に存在する。

イスタンブールで松原伸一郎さんは、聖杯に思いを馳せ、松原的聖杯を作ってみました。
実は4つほど今までに作ったそうです。遠い昔に存在した聖杯はこんなだったのか。こうであってほしいのか。もしかしたらああだったのか。

松原的なのだから、蛙はもちろん一緒です。

*これは松原伸一郎氏の個人的な思いを形にしたもので真摯な制作観はありますが、宗教的な意味はありません。
 

共通テーマ:アート

2018年06月|2018年07月 |- ブログトップ
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村