So-net無料ブログ作成

黒い蝶を追ってー山口マオ新作展 [アート]

IMG_4734.jpeg

昨日(前回)のブログで山口マオさんが木版画を「理詰めでの制作はそれはそれで面白い」というお話を書きました。

イラストレーションや絵本ではだいたい木版画でという注文が付くのだそうです。
その理由として木版画をイラストレーションの手段にしている作家がほぼ皆無だということと、マオさんは版画においてズレるのが嫌いなので線がシャープで印刷物にした時に綺麗に仕上がるということがあると言います。

「木版画で・・・」とばかり言われるとドローイングも描きたくなるのが人情で・・・。

展覧会の作品というのは作家の思い通り。つまり好きなように描いていい。
だから展覧会にはドローイング作品も並ぶということになるのです。

計画的に制作しなくていいのも、やっぱり楽しい。
細かい線もどんどん描いていい。
細かい線は版画では超絶技巧になってしまうけど、ドローイングならすいすい。

木版画の楽しさもドローイングの楽しさも知っているマオさんなのでした。
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村