So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アクリルの魅力(諏訪薫)ーひかりのいろ [アート]

IMG_4601.jpeg

諏訪薫さんがアクリルを使うようになったのはいつ頃からだっただろうか?

初めての個展を2008年にプリズムで開くより前にすでにグループ展などでは発表していたような記憶がありますが、本格的に使うようになったのはまだ10年も立っていないようにも思います。

アクリルというのは絵の具や毛糸やアクリル樹脂のことを言います。
どれも発色の良さが特徴だと言われています。

諏訪さんが使うのはアクリル樹脂の板状のものから形を作っていくのですが、やはり発色の良さは魅力の1つだったようです。

赤や黄色の鮮やかさ。今回の作品にも何点かあります。ぱきっとしています。

透明のものも透明度が高く、無色、スモーキーブラウン、スモーキーグレイなど美しい素材です。

話を戻しますが、アクリル板を切出して熱をかけ立体的な形を作るというのがおおざっぱな行程。
最後に磨きをかけて仕上げます。

透明な素材は切出したときの切り口に光が集まり、ブラウンやグレイが際立ちます。磨きの行程でどんどん輝きが増すのだそうです。その集まる光に諏訪さんは魅せられました。そして作り出した形もさらに綺麗な形として存在感が出てくる。

諏訪さんがアクリル作品を発表し始めた頃「プラスチックなのに高い」と時々言われました。
そもそもアクリルはチープなプラスチックではありません。貴金属ほどではないにしても、素材として決して安いものではありません。それなでも磨きの行程で丁寧にしないとチープさを醸してしますのだそうです。つまり魅力をちゃんと引き出す努力が正直に出てしまう素材でもあるのです。

ここまでご説明しても「それでも傷がついたりくすんだりしませんか。金属はその点安心。」とおっしゃる方がいますが、金属も雑に扱えば傷もつきますし酸化もします。どちらの素材も愛情を込めておつき合いくださればきっと納得いただけると信じています。



共通テーマ:アート

始まりは・・・ーひかりのいろ 諏訪薫+河村尚江 [アート]

IMG_4604.jpeg

お互いがリスペクトし合っている諏訪薫さんと河村尚江さん。

ある時「ストールを止めるのに針で穴があかないブローチ的なものは無いでしょうか?」という河村さんのリクエストに諏訪さんはクリップを作りました。

河村さんは大感激。
ストールはうっかりするとするっとはずれてしまうのですが、これで安心。

ブローチ様(よう)ではありますがクリアなアクリルで作られているのでストールのいろも透けて見えます。ストールもクリップも生きるデザイン。普通はどちらかが主張してしまって共存は難しいのですがこれは両方が映えます。

2人の作品が引き立て合うような展覧会をしようというのがスタートになりました。

ちなみにこのクリップはアクリルでできているので「アクリップ」と命名されました。
で、この「アクリップ」。ジャケットの襟に付けるとブローチになるし、ブラウジングのクリップにも使えます。さらに革ひもやチェーンを付ければペンダントにもなります。優秀!

こんな素敵なお二人の作品をどうぞ観てください。

共通テーマ:アート

ひかりのいろー諏訪薫+河村尚江 [アート]

IMG_4599.jpeg

この二人展をスタートするにあたって諏訪薫さんと河村尚江さんはテーマを考えました。

お二人の共通点をまず探ってみました。
諏訪さんはアクリル素材を多用していますが、それは「光」の集まり方や「光」の通り方の美しさに魅せられるからだそうです。一方河村尚江さんの美濃友禅の特徴であるグラデーションもやはり光を表現したいと言う思いからの技法でした。

「光」がテーマと決まった。

もともと共通に持っていたテーマではありますが、二人展に向けてお互いの作品を念頭に置いて制作をすすめていくことになりました。

「ひかりのいろ」
ギャラリーでどんな「いろ」を観ていただけるでしょうか。
その「いろ」は観客であるみなさんに見つけていただければ嬉しいです。

共通テーマ:アート

「ひかりのいろ」諏訪薫+河村尚江ー初日 [アート]

IMG_4587.jpeg

スペースプリズムには年2回「Fashion Crossroad」というファッションに特化した企画展があります。
洋服、ジュエリー、バッグ、靴・・・、などあらゆるファッションアイテムを観ていただき、どう組み合わせて楽しむかの提案をさせていただいています。

そんな中でアートジュエリーの諏訪薫さんと美濃友禅の河村尚江さんは出会い、2人はそれぞれの作品に共感しリスペクトし合ったのです。当然のこと、それぞれの作品は引き立て合います。

それぞれの作品を念頭に置いて制作をし発表をしていただくことをプリズムはお二人にお願いしました。

搬入当日、しばらくお互いの作品を見合っていましたがすぐに展示の方向が決まり完璧を求めて多少の試行錯誤はありましたが緊張感のある空間ができあがりました。

クラフト作品ですから身につけていただきたく思います。
たっぷりお時間をとってお出かけいただければ幸いです。

共通テーマ:アート

Goki & Artists 2019Springー最終日 [アート]

IMG_4552.jpeg

「Goki & Artists 2019 Spring」本日最終日です。
会期中には臨時休廊をいただきご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

次週はいよいよ「春・宵・酔」開催です。このイベントは大好評に付きすでに満席になっています。大変申し訳ありませんがご予約の無い方の入場はできませんことをあらかじめお伝えいたします。このイベントのためギャラリー展示はありません。

次回の展覧会は3月21日(木)から『「ひかりのいろ」諏訪薫+河村尚江』です。アートジュエリーと美濃友禅のコラボレーションをお楽しみください。

共通テーマ:アート

花冷え対策ーGoki & Artists 2019 Spring [アート]

IMG_E4550.jpeg

今日も出勤時は陽射しの割に体感気温が低くて、早々と帰りの服装が気になりました。

花冷えの季節です。

おしゃれはやせ我慢も必要と言われますが、体を冷やすことは良いことではありません。
足首やデコルテを魅せるのはもう少し先にして・・・、それでも春を先取りしましょう。

私のおすすめは極薄のインナーダウンです。
春のジャケットの下にも、春のコートの下にもインナーダウンを着れば驚くほど暖かい。
アウターに響かない極薄をチョイスすれば、パステルカラーの春服ももう大丈夫。

プリズムでのインナーダウンのお取り扱いはありませんが、おすすめです。

共通テーマ:アート

夜ザクラとネコ目の月(高北幸矢)ーGoki & Artists 2019 Spring [アート]

IMG_4546.jpeg

何年か前にこの作品紹介したことがあるのですが、この季節になるとやっぱり飾ってしまう作品の1つです。桜は特別な花ですね。

今年は暖冬で桜も早そう。3月のうちには満開になりそうです。

夜桜を空から観ているお月様は半月より少しふっくらして来た頃。猫の目のように夜空で光る。


昨日が新月だったのであと1週間後くらいのお月様。
まだソメイヨシノは咲きません。大寒桜は待っていてくれるかしら。

夜桜の下から猫目の月を見上げましょうか。

共通テーマ:アート

初夏も近いねーGoki & Artists 2019 Spring [アート]

IMG_4538.jpeg

春の新作が続々あがって来ています。
もう初夏の風さえふいているような・・・。
今年のGokiは爽やかなグレイが目に留まります。

外の風はまだまだ冷たいけれど陽射しは確実に春のそれ。
寒さに震えつつ、求めるものは春のもの。こんなさらっとした薄手の生地の七分袖ワンピ。
今日はまだ袖を通せないけれど、確実にその日は近い。

その日、絶対これを着よう。
そんな1枚を見つけてください。


共通テーマ:アート

ありがとうございました。ー今日から通常営業 [アート]

IMG_4536.jpeg

3日(日)4日(月)と2日間臨時休業させていただきました。
大変ご迷惑をおかけしてしまったとを深くお詫び申し上げます。

本日より通常営業に戻りました。

「今日からだと思って待っていたわよ」と今日1人目のお客様がおっしゃってくださり、心の底から嬉しいと思いました。みなさんに支えられてのプリズムだということを改めて感じました。

今回の展覧会は2日少なくなってしまいましたが、10日(日)までよろしくお願い申し上げます

共通テーマ:アート

臨時休廊のお知らせー3/3(日)3/4(月) [アート]

IMG_4531.jpeg

大変申し訳ありません。私事ではありますが、親族に不幸がありまして3月3日(日)4日(月)臨時休廊させていただきます。

5日(火)は定休日につき、3月6日(水)から通常営業いたします。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

共通テーマ:アート
前の10件 | -
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村