So-net無料ブログ作成

pecoraーFashion Crossroad2017秋冬 [アート]

IMG_2058.jpeg

バッグデザイナーpecoraさんはこの展覧会の初期からのメンバーでみなさんもよくご存知のことと思います。

今回は革のバッグも数点出品していますが今日ご紹介するのは形はシンプルながま口ポーチです。
この中でグリーンのポーチは擬革紙というとても珍しい素材で作ってあります。
擬革紙というくらいですから革ではなく紙です。革のような風合いを出すように加工がされており、軽くて丈夫。三重県の伝統工芸品でもあります。昔の伊勢参りのお土産物のタバコ入れに使われていたようです。

pecoraさんの地元は伊勢。
随分前から使ってみたいと思っていた素材だそうです。
なかなか観ることができない素材でもありますから、是非手に取ってみてください。

作家在廊日
10/14 13:00-19:00   蒼空
    18 17:30-      pecora


共通テーマ:アート

蒼空ーFashion Crossroad 2017 秋冬 [アート]

IMG_2057.jpeg

絞り染めは、初参加の蒼空さんです。

別珍に染めた冬のための質感が懐かしい感触です。
洋服系のファッションをベースにした展覧会での初参加で戸惑いもあったかと思いますが洋でも和でも重宝しそうなストールや袋物は落ち着いた装いに個性を発揮しそうです。

作家在廊日
10/14 13:00-19:00   蒼空
18 17:30-      pecora


共通テーマ:アート

エンド譲イラストレーション展ー最終日 [アート]

IMG_2023.jpeg

「エンド譲イラストレーション展ーナイロン弦の香り立つ風景」最終日です。

ギターの優しい音色に包まれたエンド譲さんの世界。
ゆったりした時間が流れていましたが、イラストレーターのプロとしての厳しさに基づいた絵作りにははっとさせられっぱなしでした。

次回は10月12日から秋の「Fashion Crossroad 」です。

共通テーマ:アート

2回目のトーク&ライブも終わりましたーエンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_2020.jpeg

先ほど2回目のトーク&ライブが終わりました。

早くに画材をパソコンに変えたエンド譲さん。
デジタルの時代を見据えての変身には勇気がいったことと思いますが、確信の強さが未来を切り開いたんだと思いました。

美しく柔らかい絵とナイロン弦ギターの響きが一体となった素敵な時間でした。

展覧会は明日1日で終わります。
あと1日、皆さんのお出でをお待ちしています。

共通テーマ:アート

実りの秋ですねーエンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_2014.jpeg

間もなくこんな景色が見られる10月です。
実りの秋は豊かな自然からの贈りもの。
幸せの景色はエンド譲さんからのプレゼント。

明日も午後3時からギャラリートーク&ミニライブをいたします。

素敵な絵に包まれて楽しい時間を過ごしに来てくださいね。



共通テーマ:アート

小さな作品も人気ですーエンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_1988.jpeg

エンド譲さんの作品は可愛い。
可愛い作品は小さいサイズもよく似合います。

というわけで、小さな作品が人気です。
飾る場所も選びませんから是非皆さんのお宅にお待ち帰りいただけると嬉しいです。

季節によって架け替えるのも楽しいものです。

こちらの作品は額に限りがありますのでお早めにオーダーしてくださいね。

共通テーマ:アート

可愛いを描くーエンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_1986.jpeg

先日もギターを弾くエンド譲さんの写真をアップしたので、エンドさんが優しそうな男性であることはおわかりかと思います。

ただ彼はアウトドア派で体を動かすことが大好きな男性です。
走ったり泳いだり、なかなか体力勝負の骨太な方です。

絵だけを見て、名前を見なければ女性かと思ったともよく言われることです。
私自身普段のエンドさんを見ているとこんな可愛い絵の発想は何処から出てくるのかと思います。

イラストレーターとしての出発はイラストレーションの制作会社からでした。
「可愛い絵」はイラストレーションとして一番発注の多い分野です。
だから「可愛い絵」は描けなければいけないのです。描かなければならないのでした。

たくさん調べて調べまくって取材して絵にしていったと言います。
結果的にクライアントから喜ばれることが自分の喜びになり、喜ばれる絵が描きたい絵になっていったのだそうです。

今でもたくさん調べるそうです。
刺繍をする時に刺繍枠を使うこともたくさん調べるうちに知ったことだそうです。

画家とイラストレーターの違いってこういうことなんだと思わされました。

共通テーマ:アート

画材はパソコン ー エンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_1980.jpeg

「これは何で描いてあるんですか?」とよく聞かれます。
「パソコン上で描いています」と答えると多くの人は簡単に描けるんだと思います。

確かにパソコンって手軽なツールだと思われがちです。

しかし、手で描く方が手間隙かからないこともあるとエンド譲さんは言います。
エンドさんに限らずパソコンで描いている人たちからそう言うのをを良く聞きます。

色を少しずつ乗せるという作業は実際の画材を使いのと変わらない量になるのだそうです。

ではなぜパソコンを使うかと言うと、イラストレーターの仕事の性質上それがとても向いているからなんです。イラストレーションは紙に印刷されたりコマーシャルとして映像にしたりという使われ方をします。手描きの絵がそのままみなさんが見るということは無いのです。それならパソコンで描く方がイラストレーターも出来上がりが想定し易いし、実際に使われる状態でフィニッシュするというのは理にかなっているとも言えるのです。

ただパソコンというのはどれだけでも拡大してどれだけでも手が入れられるので、どこまで描き込むかを見極めなければいけない。描くことが好きなのだからそこは客観的に止め時も必要だと言います。

だけど、もう少しエンドさん的理由があるそうです。「絵の具やパステルにまみれて描くのが大好きという人もたくさんいるけど、僕はそういうのが苦手でね。パステルで描いていた時は手だけじゃなくてパステルの粉が鼻の中まで入ってくるのが辛かったんだ。その点パソコンは快適だよ。」とのこと。


共通テーマ:アート

1回目のトークが終わりました、二回目も・・・ーエンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_1977.jpeg

昨日大盛況のうちに1回目のギャラリートーク&ミニライブが終わりました。

今回は会期中もう一度トーク&ライブをいたします。異例です。

昨日のトークではエンド譲さんがなぜCGで制作をしているのか。ギターをテーマに個展をした理由などをきかせていただきました。次回は司会が変わりますのでまた違った内容のトークになるかもしれません。昨日参加された方ももう一度お出で下さい。

そしてライブ。
ナイロン弦の甘い音色に乗せて甘いエンドさんの歌声がまた魅力的でした。

トークもライブも極上の時間でした。

2回目のトーク&ライブは
 10月7日(土)午後3時−4時半(予約不要・入場無料)
*会場の都合上、床に座っていただく場合もありますのでそのような服装でお出で下さい。

共通テーマ:アート

ギターモチーフーエンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_1974.jpeg

ギターをモチーフにした作品が6点展示してあります。

そう、今回はエンド譲さんのギターのミニライブが2回あるようにギターは大事なキーになっています。
6点の絵は隠し絵のようにギターがある風景。
6点は2ヶ月ごとのカレンダーにも展開できるように季節感が出た風景です。

カレンダー展開はエンドさんがプロのイラストレーターだからです。
音楽関係者からカレンダーのオファーがあるといいですね。

共通テーマ:アート
メッセージを送る
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村