So-net無料ブログ作成

中村友美イラストレーション展ー絵との出会い [アート]

IMG_0833.jpeg

物心付いた時から絵を描いていたという中村友美さん。
「手軽にたのしいふわかわパステル画」の出版に至ったのか。

小学生の時から絵を描く仕事がしたいと思っていたと言います。
小学生が思う絵を描く仕事といえば、漫画家。お小遣いをためて漫画の描き方の本を買って勉強までしたのだそうです。小学生としてはなかなかの行動力です。

中学生の時にはさらにプロになることを心に決めていたとのこと。すでにイラストレーターというのも「絵を描く仕事」の選択肢には入っていた。

高校2年で美大を目指すのですが、「絵を描く」といえばまず思う洋画や日本画の画家というのはなぜか彼女の心にはなくデザイン科しかなかった。

少々苦労して愛知県立芸大に入学しました。
そこでは勉強が楽しくて仕方なかった。イラストレーションの授業はとても少なかったけれど、どんな課題にもイラストレーションを入れていたのだそうです。そんな中で、イラストレーションを仕事にしたい、イラストレーターになりたいという気持はどんどん膨らんでいったのです。

共通テーマ:アート
メッセージを送る
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村