So-net無料ブログ作成

興津眞紀子絵画展ー最終日 [アート]

IMG_4397.JPG

「興津眞紀子絵画展」は本日最終日です。
プリズム初登場の興津さんでしたが、梅雨時の鬱陶しさを爽やかな5月の風がさっと吹き込んで来たような展覧会にお出かけくださったみなさんに「来て良かった」とおっしゃっていただきました。

プリズム、明日から研修のため7月8日まで休廊させていただきます。

次回は、7月9日(土)から「夏の訪れ2016」を開催いたします。

共通テーマ:アート

ガラスの向こう側ー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4395.jpeg

今までの興津さんはブルー系を使うことが多かったそうです。エメラルドグリーンは使うのだけれど、今回多用している黄味がかったグリーンはほとんど使ったことがなかったとか。

ではなぜ今回グリーン系を使ったのか?
「黄味がかったグリーンが綺麗だな。使ってみたいな。」と思ったから。

作家にとってまずメインになる色を選んでからどんな絵を描くか構想を練るということもあるのです。興津さんのグリーンもそういう役割だったということです。

共通テーマ:アート

風景(断片)ー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4393.JPG

興津さんの絵の画材はアクリル絵の具です。
油絵の具は乾くのに時間がかかりますが、アクリル絵の具は速乾性です。
この違いは作家の個性に大きく関わっているようです。

走りながら考えるのか考えてから走るのかに似ているのかもしれません。



共通テーマ:アート

光のかけらー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4391.jpeg

興津眞紀子さんの作品はどれも不思議な見え方をしますが、この作品が最も不思議な作品です。

上の方の白く見えている部分はシルバーの絵の具で描かれています。
だから角度を変えると白だったり、金属の輝きが際立ったり、黒っぽく見えたり・・・。
光を反射したり吸収したり、角度によって表情を変えるのです。

作品の前で矯めつ眇めつして観ていただくのが一番楽しめる観方です。
会場に来て実際に自分が動かないことには観ることができない。
平面作品なのに立体や空間の作品のよう。

自然界で「光」は角度によって違って見える。それを平面に入れこんでしまった。画期的作品といえるのではないでしょうか。

共通テーマ:アート

日だまりー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4385.jpeg

「水」も「光」の存在を際立たせてくれる。

興津さんが「水」とともに「光」を描くのはとてもよく解ります。

この絵は奥にある何かが気になるところです。それが「光」だというのならそうだろう。
それならば、「光」とは興津さんにとって何なのだろうか。
絵の前にたつと、浮かんでは消え消えては浮かぶ問いかけが堂々巡りする。

共通テーマ:アート

はるかな時間ー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4381.jpeg

「山の中の谷間のように見えますね」とよく言われます。
興津眞紀子さん自身は風景画を描いたという意識はなく抽象的な表現だと言います。
そして、「谷間に見えてもいいし、見えなくてもいい」と思っています。

抽象画を描かれる方の多くは、あえて何かに見立てようとすることに少し抵抗を覚える人もいますが興津さんはそれに対しておおらかと言うか自然体でいるというか、とにかくあまり抵抗感がないようです。
一貫して描き続けているテーマが「光」という具体的でありながら形が無く感情に深く訴えてくるものだからなのかもしれません。

この絵の中に描き込んだ「光」は観る人によって全然違って観えるんだろうな。

共通テーマ:アート

ブルーベリーの頃ー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4379.jpeg

ブルーベリーの葉陰からのぞいている「光」
優しく甘やかな空気感が「光」とともに存在しています。

女性らしい繊細な感性があります。

6月の雨と晴れ間を揺れ動く「光」

明日はブルーベリーのような爽やかな日になりますように。

共通テーマ:アート

white boxー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4373.jpeg

「光」をテーマに絵を描き続けている興津眞紀子さん。
テーマは一貫しているけれど、表現方法は多彩です。そして新しい表現を追求するのが大好きだそうです。

今回の個展ではこのアクリルありきだったそうです。
アクリルに入れたら素敵になる作品を制作したい。その思いがこの形になったと。
絵の具をこってり塗って描きあげているように見えますが、アクリル絵の具をこの形に作って乾かしたものをキャンバスに貼ってあるのです。そういう半立体作品。
そこに興津さん独特の「光」の世界があるのです。

よく見ると表現方法はとんでもなく違うのに、会場には全く違和感がありません。最初に書いたように、テーマが一貫しているからなのだと思います。

*今日もまた写真にしづらい作品をチョイスしてしまいました。

共通テーマ:アート

窓ー興津眞紀子絵画展 [アート]

IMG_4369.jpeg

写真がうまく撮れない。私の長年の悩みです。

今日も1点「窓」もやっぱりうまく撮れない。
人間の目が捉えたビジュアルはこの写真とは随分違う印象です。
私の写真がへたというのも大きな原因ですが、どうもそれだけじゃないような気がします。
そもそもこの絵は人間の情緒的な目を通してそれぞれの心に映し出されるのではないかと思うのです。
カメラには心がありません。だから身も蓋もない写り方しかしない。

この絵の実物の前であなたにはどう見えるのでしょうか?

共通テーマ:アート

興津眞紀子絵画展ー初日 [アート]

IMG_4341.jpeg

「光」をテーマに作品を描き続けている興津眞紀子さんの個展です。
プリズムではグループ展にも出していただいたことは無く、全く初めての展覧会です。

アクリル絵の具で表現された透明感の高い「光」の表現は無垢なる精神性を感じます。

6月18日(土)午後2時よりギャラリートークも開きます。(入場無料、予約不要)皆さんお誘い合わせの上お出かけください。

京都在住の興津さん、毎日在廊という訳にはいきません。
6月18、19、25、26日(会期中の土日曜日)在廊予定です。

共通テーマ:アート
メッセージを送る
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村