So-net無料ブログ作成

画材はパソコン ー エンド譲イラストレーション展 [アート]

IMG_1980.jpeg

「これは何で描いてあるんですか?」とよく聞かれます。
「パソコン上で描いています」と答えると多くの人は簡単に描けるんだと思います。

確かにパソコンって手軽なツールだと思われがちです。

しかし、手で描く方が手間隙かからないこともあるとエンド譲さんは言います。
エンドさんに限らずパソコンで描いている人たちからそう言うのをを良く聞きます。

色を少しずつ乗せるという作業は実際の画材を使いのと変わらない量になるのだそうです。

ではなぜパソコンを使うかと言うと、イラストレーターの仕事の性質上それがとても向いているからなんです。イラストレーションは紙に印刷されたりコマーシャルとして映像にしたりという使われ方をします。手描きの絵がそのままみなさんが見るということは無いのです。それならパソコンで描く方がイラストレーターも出来上がりが想定し易いし、実際に使われる状態でフィニッシュするというのは理にかなっているとも言えるのです。

ただパソコンというのはどれだけでも拡大してどれだけでも手が入れられるので、どこまで描き込むかを見極めなければいけない。描くことが好きなのだからそこは客観的に止め時も必要だと言います。

だけど、もう少しエンドさん的理由があるそうです。「絵の具やパステルにまみれて描くのが大好きという人もたくさんいるけど、僕はそういうのが苦手でね。パステルで描いていた時は手だけじゃなくてパステルの粉が鼻の中まで入ってくるのが辛かったんだ。その点パソコンは快適だよ。」とのこと。


共通テーマ:アート
メッセージを送る
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村