So-net無料ブログ作成

「交錯する時間」を終えて [アート]

IMG_0728.jpeg

そもそも「交錯する時間」て何?と思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。2月頃からプリズムは盛んにこのPRをしていたけど何なんだろうと。

画家水野加奈子とダンサー大塚美樹のライブパフォーマンスだったのだから具体的な内容は私だけでなくパフォーマーの二人だって完全に把握することはできなかったというのが本当のところでした。

昨年の水野加奈子さんの個展でギャラリートークの中でダンサー(大塚さんではありませんでしたが)が応援でパフォーマンスしてくださったことが始まりでした。
「ダンサーとコラボレーションしたい」という水野さんの心はどんどん沸騰に近づいていった。その気持に反応したのがフリーダンサーの大塚美樹さんだった。
たまたま二人が二人とも「現状を突破すること」を念頭においてそれぞれの活動をすすめていたので、お互いが刺激し合うであろうこのライブパフォーマンスに行き着くのは当然の流れでもあったのです。

二人は何度も話し合ってライブの流れを作り上げ、同時に水野は大塚の試演をスケッチし平面アイデアを形にしていきました。

スペースプリズムの空間は前日には水野の作品が壁面に展示されたのです。

IMG_0741.jpeg

真っ白な衣装で現れた大塚は壁面の作品で刺激された感性でフリーダンスのパフォーマンスを。モノクロームの世界を表現する。

IMG_0742.jpeg

途中で水野も壇上にあがり、大塚の衣装にペイントしていく。それまでのモノクロの世界とは違いカラフルな色が次々と繰り出される。

IMG_0743_2.jpeg

ペイントされたことで大塚はまた刺激を受け、新たな展開のパフォーマンスを繰り広げる。

流れはざっとこんな感じだったのですが、その30分の時間の中で二人の感性が反応しあって変わっていくのがわかる。観客はまさに彼らの証人になる。

ざっとの流れだけではわかりようもない。だから「ライブ」なのだ。

表現者として歩み始めたばかりの彼らにとって素敵な30分であったに違いない。画家としてダンサーとして感性に新しいものが芽生えたとしたら大成功なのではないかと思います。

そして、プリズムにとってもこれから進む道の1つにこういうジャンルを超えたもの同士をコネクトするということもあるのではないかと強く思いました。また近い将来「それって何?」とみなさんに思っていただける時間をお届けしたいと思います。



共通テーマ:アート
メッセージを送る
にほんブログ村 美術ブログ 画廊・美術ギャラリーへ
にほんブログ村